F1fdd4e925000b58

おくみん @okumin

@yuntan_t Ingress を使っています。
probe は次のような感じで設定してます。
```
readinessProbe:
failureThreshold: 5
httpGet:
path: /healthz
port: 3000
scheme: HTTP
periodSeconds: 5
successThreshold: 1
timeoutSeconds: 5
```

お気づきだと思いますが、mastodon はヘルスチェックに使えるエンドポイントがありません。
Rails の方は非 TLS 通信をリダイレクトしますし、node の方はそもそも全エンドポイントに認証が必要です。
そのため、パッチを当ててヘルスチェックエンドポイントを用意しました。
github.com/okumin/mastodon/com

@i7a Kubernetes クラスタとしては okumin.com と相乗りさせています。
インスタンスは現状相乗りしてません。
最初 okumin.com と相乗りさせてたのですが、okumin.com を巻き込んで死んだので分けました。

まあ動いてるからこれでいいや……
WebSocket のために L4 LB 買いたくない。

やっぱ WebSocket は101返して終わってそう。

サーバに tcpdump 入れるのが楽かな。

1秒とかで切れてるからフォールバックかな……

Google LB がなぜか WebSocket 通してる気がする件検証するか。

@masarakki @EzoeRyou フォローしまくったりされまくったりするとつらいことになりそうですね……
正直スケールしたときの負荷が読めない部分もあって、個人インスタンスにしました(公開しても人来ないでしょうけど)。
friends.nico さんはユーザー多いから大変そう。

mstdn.okumin.com を支える技術。

マストドンのバックエンドに Google Cloud Storage を使う方法 #mastodon by @okumin on @Qiita qiita.com/okumin/items/1b91286

@sigpipe 書いてみました。
記憶違いがあるかもしれないので、間違ってたら教えてください。
qiita.com/okumin/items/1b91286

@nullkal ぼっちインスタンス所持者としては、フットプリントが小さくなる言語で作ってほしいという気持ちがあります。

@EzoeRyou 自分の一人用インスタンスはこういう構成なのですが、コンテナエンジン部分は CPU 0.5コア、メモリ1.7 GB のマシン2台でそこそこ余裕に動いてます。
CPU 0.2 コア、メモリ0.6 GB 三台だとプロセスが落ちたりしました(okumin.com と相乗りなので、ちゃんと分けてやれば動くかもしれませんが)。
何もしてない割にはリソース食います。

blog.okumin.com/entry/2017/04/

@sigpipe Qiita にまとめてみるので、少し待っていただけると。

何もしてないのに WebSocket が馴染んだかもしれない。

@ru_shalm なるほどんですね。
ありがとうございます。
やってみます。

@ru_shalm 認証とかってないんでしょうか?
mstdn.okumin.com から friends.nico とかのローカルタイムラインを見れるようにしたい思いが若干あります。

@ru_shalm このアプリケーションすごいですね。
これはローカルタイムラインを流しているのですか?

ローカルタイムラインって認証ないんですっけ?
であれば自分で作ればいいのか。

mstdn.jp とか friends.nico のローカルタイムラインが面白くて羨ましい。
ローカルタイムラインを切り替える機能が欲しい。

おくみん ブーストされました

おまいら!!!!トゥート流れるぞ!!!!!!!!
nicommenton.com/